展示会レポート

2022/09/12

合同展示会manicolle tokyo vol.37 レポート

合同展示会manicolle tokyo vol.37 レポート

2022年9月7日(水)~9月9日(金)の3日間、合同展示会manicolle tokyo(以下、マニコレ)が開催されました。
会場は東京ビッグサイト東1~6ホールで、東京インターナショナルギフト・ショーが開催、マニコレは、東2ホールの1区画での開催となりました。
出展社は78社と前回より規模を拡大。
マニコレといえば、西展示棟アトリウムでしたが、前回から東2ホールでの開催となっています。
前回は多少の違和感があり「マニコレは西展示棟アトリウムだよね」という声が多くありましたが、2回目ともなると特に違和感なく開催しておりました。

mc37_1.jpg
長蛇の列。ご来場受付では、多くの人が並ばれておりました。

コロナウイルス、ロシア・ウクライナの戦争が続く中、さらに急激な円安という過去にない程の経済状況、ファッション業界全体に響くダメージも大きく、そういった状況の中での開催でした。そんな中、来場者数はギフト・ショー合わせて前回を大きく上回る多くのご来場をいただき、活発な商談を多く見かける展示会となりました。
海外からの来場者は依然少ないものの、国内、特に地方からのご来場が増えてきました。新型コロナウイルスの猛威はいまだに続いておりますが、特に行動規制もなく世界的に見ても緩和対策・経済への動きにシフトしています。
日本は世界的に見ても、そういったことに対しての対応は遅れをとっておりますが、新型コロナウイルスに対する対応への気持ちの変化が、ここ2年で大きく変わってきたのではないかと思います。
新型コロナウイルスの問題から2年以上経過し、ようやく動き出してきたと体感できた展示会でした。

mc37_3.jpg

mc37_4.jpg

商談中のブースも多く見受けられた今回の展示会。コロナ以前は、期中での買い付け、その場でのオーダーをしていくバイヤーも多く見られました。今回に関しては、いったん持ち帰り再検討、慎重になられているバイヤーが多く、オーダー表をもって商談をしているブースは少なかったようです。
消費者の動向が未だに戻っていない、コロナ禍で大きく消費・売上の動向が変わっていていることもあり、状況を見ながら買い付けるのは当然のように思えます。

mc37_6.jpg

mc37_5.jpg

オンライン上での商談会もこの機会に多く増えました。ただ、バイヤーにとっては、やはり自分の目でしっかりと目効きをしていかないと、素材感やサイズ感・クオリティー・重量感など確認しながらでないと密な商談はできない、買い付けはできないようです。
人や物が多く集まる展示会はやはり必要です。出展社にとっても、多くの人に見てもらう事で、商品の感想を聞くだけでも、次への大きなステップとなります。

原材料費・燃料費の高騰、規模・生産力の縮小による納期の遅れ、さらに追い打ちをかけるかのような急激な円安という問題が、出展社を悩ませます。
全ての商品を国内で補っているブランドが少ない現状、商品の値上げは必須です。ただ、国内の個人所得が上がってないという現状もあり、素直に商品上代を上げていくことも難しく、悩ましい問題があります。
地場産業を軸に、ブランド展開をしている出展社は円安の影響が少なく、逆に強みとなってバイヤーの注目が集まっていました。

マニコレでは、バイヤーの目印となる「POP UP SHOP」「OEM」のポップシールが出展社のブースに貼られています。
1年前までは、百貨店などからの「POP UP SHOP」の営業が多かったようですが、年々減少しています。
マニコレは、会社規模が小さい出展社が多く、人の拘束が必要とされる「POP UP SHOP」への出展はハードルが高いことがあります。
セレクトショップ・専門店などへの期間限定での「POP UP SHOP」、商品だけ送れば店舗のスタッフが対応してくださるようなお話は、非常にありがたい出展社も多くおります。
セレクトショップ・専門店のバイヤー様、ぜひご活用いただければと思います。
また、「OEM」に対応している出展社も多くおります。
中には、小ロット対応をしているところもございますので、オリジナル商品開発にお役立てください。
お店オリジナル商品の開発だけでなく、ブランドをされている方、出展社の中でも新たな商品開発・工場を探されている方も多いため、好評をいただいております。

mc37_7.jpg

この2年間で出展社の顔ぶれも大きく変わりました。コロナ以前は、カバン・革小物・ファッション雑貨などが多く出展しておりましたが、傾向として昨年あたりからアパレルの出展社が増えております。今回は、78社中30社がアパレルでの出展と過去最高となりました。アパレルの出展社は大きい規模のブースをとられる方が多いので、面積的には半分以上がアパレルでした。
コロナ禍でずっと出展していたブランドが様子見で出展を見送り、その代わりに今まで出展されてこなかったブランドが出展と、半分以上は入れ替わった印象です。
ただ、そろそろ状況が戻ってくるのではないかということで、過去にマニコレに出展されていたブランドや、新規で出展を検討されているブランドの展示会視察も多くありました。
来場者数が多く、活気もあったことから、次回のマニコレの出展を前向きに検討されている方も多かったです。

今回は、コロナ禍の中で開催した展示会の中で、一番よかったと感じます。
コロナ以前のような状況に徐々に戻りつつあると期待を感じる展示会でした。
今回以上に期待が膨らむ次回のマニコレ、開催は2023年2月になります。
現在、出展社募集中です。
会場構成は東ホールになるか、西展示棟に戻るのか、確定はしておりません。
ギフト・ショー全体を含めた、出展社の申込状況により確定されます。出展社募集期間中には告知ができるかと思います。
日に日に状況が変わっていく中での出展募集になりますので、不確定要素もございますが、現状より少しでも状況が好転していけるような企画や準備を進めていきます。

皆さまのご来場、ご出展申込を心よりお待ちしております。

ご出展をご希望される方は、下記のアドレスからご登録をお願いいたします。
https://manicolle.com/free/exhibitor

ご来場をご希望される方は、下記のアドレスからご登録をお願いいたします。
https://manicolle.com/free/visitor

2022/02/15

合同展示会manicolle tokyo vol.36 レポート

mc36_1.jpg

2022年2月8日~10日の3日間、ギフト・ショーの中で合同展示会manicolle tokyo vol.36(以下、マニコレ)が開催されました。
会場がいつもと異なり、今回の会場はギフト・ショーが東京ビッグサイト東1ホール~6ホールを使っての開催、マニコレはその中で、東2ホールの一部を使用しての開催となりました。

展示会期間中は、新型コロナウイルス、オミクロン株の感染ピーク時、各地域でまん延防止等重点措置を実施、ただし重症化が少ないとされ大きな行動制限はされることがない状況での開催でした。
また、展示会最終日には大雪警報の予測などがあり、あまりいい条件での開催ではありませんでした。

ただ、新型コロナウイルスの問題から2年以上経過し、経済の底上げをしていかねばならない厳しい状況であることから、出展キャンセルも少なく(濃厚接触者のため、やむを得ず1社キャンセル)来場者も決して多くはないものの、込み合う時間帯もあり、この状況の中では多くの方に来ていただけたと思います。
こういった状況だからこそ、ファッションだけでなく様々なカテゴリー、分野で出展しているギフト・ショーの中で開催することで、多くの来場者や取引、商談内容の幅の広さがあることのありがたさを感じます。
ファッションというビジネスが非常に厳しい中、こういった大きなマスの展示会は非常にありがたい存在です。

mc36_2.jpg

 

2021年10月の開催から、4か月後の展示会ということで非常にタイトなスケジュールでしたが、第1次募集で全てのブースが埋まるなど、マニコレの出展は好調でした。
前回を上回る71社が出展、そのうちマニコレ初出展が、18ブランド。
約3割が、アパレルでの出展でした。

来場者は全体的に少ない傾向でしたが、今回の状況を考えれば多く来ていただいたように思えます。
感染リスクを減らすためか、地方からの来場者、百貨店など大手の企業はいつもより少なかったようです。
海外からの出展社、来場者も特にありませんでした。
ただ今回の会場は、東1ホールから6ホールと展示会全体をまわりやすいという事もあり、普段、マニコレの会場に足を踏み入れないバイヤーが訪れたり、幅広く取引をしているバイヤーにとっては非常にまわりやすかったようです。
他の会場と比べると、マニコレの会場は人が多く賑わっているというお言葉も頂けました。

mc36_3.jpg

 

商談、取引、名刺交換というところでは中々渋かったようです。
今は、業績を伸ばしていくという意識より、何とか持続、継続していくという意識の方が強く感じられました。
また、今後の状況の見通しがつかない状況という事もあり、バイヤーも「何か良い物がないかな」という感じで、目的をもってまわれている方は少なかったようです。

出展社にとっては、商品PRをバイヤーに向けて、より強く見せて商談に繋げていく必要がありそうです

mc36_4.jpg

mc36_5.jpg

 

次回の開催は、9月になります。
会場構成は2月同様、東1~6ホール、マニコレもおそらく同じ場所での開催です。
現状より少しでも状況が好転していると期待を込めて、2022年9月に合同展示会manicolle tokyo vol.37が開催されます。
皆さまのご来場、ご出展申込を心よりお待ちしております。

ご出展をご希望される方は、下記のアドレスからご登録をお願いいたします。
https://manicolle.com/free/exhibitor


ご来場をご希望される方は、下記のアドレスからご登録をお願いいたします。
https://manicolle.com/free/visitor

 

2022/01/17

2022年2月8日(火)より、3日間開催!

2/8(火)より、3日間開催!



2022
28日(火)から210日(木)の3日間、合同展示会 manicolle tokyo vol.36 in GIFT SHOW(以下、マニコレ)」が、開催いたします。

 FB_banner_mc36_2110.jpg

 

何時もと会場が変わります。
日本最大級の展示会ギフト・ショーの会場が、東京ビッグサイト東1~6ホールで開催されます。
マニコレは、その中の東2ホールで開催。

ファッションに特化し、感度の高いブランドが集まるエリアがマニコレです。
71社が出展、そのうちマニコレ初出展が、18ブランドです。
アパレルでの出展が多く、次いでカバン、革小物の順です。。

≫出展社、会場案内図は、下記より確認ください。

pdf mc36_案内状_20220118.pdf (0.24MB)



mc36_案内状_20220114.jpg

出展社のうち、オリジナル商品開発などOEMに対応している会社が47社。
イベントや催事の出店を希望されているブランドが41社と、多くの出展社が新たな出会いや可能性を求めて、皆さまをお待ちしております。
OEM、催事(POP UP SHOP)対応している出展社は、目印としてブース内にサインシールを貼っておりますので、目的に合わせてスムーズな商談が可能となっております。

その他、出展社情報は、マニコレ公式facebookInstagramにて出展社紹介のご案内をしておりますので、そちらもぜひご覧ください。

Instagram  https://www.instagram.com/manicolle_tokyo/
facebook  http://www.facebook.com/manicolletokyo

会場内は安心、安全にご来場できるよう万全な対策をもって開催いたします。
ぜひ、商品を直接ご覧になり、様々な可能性をお互い探りながら、変わりゆく状況を一緒に変えていく出会いを求めにご来場頂けたらと思います。

【ご来場について】
※コロナウイルス感染防止のため、ご来場のお客様には完全事前登録が必要となります。
ご登録がまだの方は、GIFT SHOW HPより、ご登録をお願いいたします。

https://www.giftshow.co.jp/tigs/92tigs/

ご来場の際には、マスクを持参いただき、ご着用をお願い申し上げます。
発熱や体調不良の方は、ご来場をお控え頂き感染拡大防止にご協力お願いいたします。

□合同展示会 manicolle tokyo vol.36□□
期間:202228日(火)~ 210日(木)
時間:10:00 18:00 最終日17:00まで
会場:GIFT SHOW内 東京ビッグサイト 東2ホール
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2021/10/17

合同展示会manicolle tokyo vol.35 レポート

合同展示会manicolle tokyo vol.35 レポート

20211013日~15日の3日間、東京ビッグサイトで合同展示会manicolle tokyo vol.35(以下、マニコレ)が開催されました。

mc35_4.jpg 

開催直前、9月末には緊急事態宣言も解除され、行動の制限なども緩和、感染者数も減少傾向にあり、落ち着きを取り戻しつつある状況での開催となりました。

前回は、緊急事態宣言化での開催となり、出展社のキャンセル、来場者数も激減と厳しい状況でしたが、今回は出展社のキャンセルもなく、募集開始からすぐにブースが埋まりました。

個性豊かなブランド、63社が出展。

そのうちマニコレ初出展が、17ブランドでした。

今回は、アパレルでの出展が多くありました。

mc35_2.jpg

来場者数は、体感では非常に多かった印象です。

前回、来場者数が少なかったこともありますが、展示会に訪れたバイヤーの方も思った以上に人が多く、活気があるとおっしゃって頂けました。

前回、お会いすることができなかった地方からの来場者、年配の方の来場者も多く来られておりました。

あとは、海外からのお客様がご来場されれば、コロナ以前のところまで戻ることができそうです。

会場であるビッグサイトは天井が高く、高い換気能力がある会場です。
また、展示会には、マスク着用や検温・消毒など、感染対策もしっかりしており、蜜にならず、安心・安全に商談が行われておりました。

mc35_1.jpg

mc35_5.jpg 

ただ肝心の商談・取引という話になると、そこまでの戻りがまだなく、厳しい状況は続いておりました。

バイヤーが訪れても、状況の確認や情報収集・ご挨拶がメインという感じです。

売り場にまだ人が戻っておらず、小売りの状況が厳しい状況は続いているようです。

今年の春夏のシーズンが、緊急事態宣言化に売るタイミングを逃し、どこも在庫を持て余しているのが現状です。

ただ、ここでバイヤーと挨拶なり情報交換しているのと、していないのとでは、今後、経済活動が活発になった来た時に大きな差となってくるでしょう。

 

またその中でも活気あるブース、商談、結果を残している出展社もいらっしゃいます。

コロナの影響は強く、リモートワークやお家時間・巣ごもり需要のアイテムは強く、また、SDGsといった関連商品は、大手販売店、百貨店からの引き合いが多かったようです。

mc35_6.jpg

mc35_7.jpg


mc35_8.jpg 

状況の変化を待ち続け、何もしなければ自滅していきます。

人流が動き出し、旅行やイベント、街中デートや飲み会が増えていけば、ファッションの商材も動き出します。

そうなりつつあることに期待を込めて、また次回、20222月に合同展示会manicolle tokyo vol.36が開催されます。

次回は、いつもと違う会場、東2ホールでの開催。

ギフト・ショーも東1~6ホールでの開催となります。

来場されるバイヤーには、アップダウンもなく回遊しやすい会場になると思います。

ギフト・ショーに来て、マニコレまで足を延ばしてこなかった来場者も訪れると思いますので期待したいところです。

 

出展をご希望される方は、下記のアドレスからご登録をお願いいたします。

 

https://manicolle.com/free/exhibitor

2021/10/08

2021年10/13(水)より3日間の開催

10/13(水)より3日間の開催

1013日(水)から1015日(金)の3日間、合同展示会 manicolle tokyo vol.35 in GIFT SHOW(以下、マニコレ)」が、開催いたします。

コロナ禍で大きく変化しているファッション業界、作り手と売り手が協力しあって新たな物を作り出す必要性を感じます。

そんな可能性を秘めた出展社、63社がマニコレに出展いたします。

そのうちマニコレ初出展が、18ブランド。

また、オリジナル商品開発などOEMに対応している会社が35社。

イベントや催事の出店を希望されているブランドが39社と、多くの出展社が新たな出会いや可能性を求めて、皆さまをお待ちしております。

OEM、催事(POP UP SHOP)対応している出展社は、目印としてブース内にサインシールを貼っておりますので、目的に合わせてスムーズな商談が可能となっております。

mc35_小間割図面_20210928.jpg

会場内は安心、安全にご来場できるよう万全な対策をもって開催いたします。

ぜひ、商品を直接ご覧になり、様々な可能性をお互い探りながら、変わりゆく状況を一緒に変えていく出会いを求めにご来場頂けたらと思います。

 

【ご来場について】

※コロナウイルス感染防止のため、ご来場のお客様には完全事前登録が必要となります。

ご登録がまだの方は、GIFT SHOW HPより、ご登録をお願いいたします。

https://www.giftshow.co.jp/tigs/92tigs/

 

出展社情報は、マニコレ公式facebookInstagramにて出展社紹介のご案内をしておりますので、そちらもぜひご覧ください。

Instagram  https://www.instagram.com/manicolle_tokyo

facebook  http://www.facebook.com/manicolletokyo

 

ご来場の際には、マスクを持参いただき、ご着用をお願い申し上げます。

発熱や体調不良の方は、ご来場をお控え頂き感染拡大防止にご協力お願いいたします。

 

□合同展示会 manicolle tokyo vol.35□□

期間:20211013日(水)~ 1015日(金)

時間:10:00 18:00 最終日17:00まで

会場:GIFT SHOW内 東京ビッグサイト 西展示棟アトリウム1F

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

1 2 3 4 5 6 7